頭で考えたことは、ゴミ

ぼくは意外とお勉強好きです。
般若心経も学問として、最初に読み始めました。

ぼくは体系だった学問が大好きです。
論理的に美しければ美しいほど、その学問を愛します。

しかし。

人間が考えることは、限界があります。
人間の思考など、ただ事実の寄せ集めでしかありません。

たとえば、「ピンクの象」がいると考えた人間はおもしろいです。
でも、「ピンク」も「象」も実在の事実の合成でしかありません。

クリエイティブな人がもてはやされる時代ですが、
クリエイティブといったって、しょせん、昔のアイデアの組み合わせでしかありません。

ゴミのようなものです。

論理の外に真実がある

想像力とは、既成の概念をぶちやぶったときのパワーにほかなりません。
しかし、その素晴らしい想像力ですから、
寄せ集めのアイデアのぶつかりあいでしか、ありません。

ところが、人間がほんとうに解放されるのは、
そういう他人から押し付けられた過去の遺産ではありません。

自分の体験です。

自分が論理や概念から自由になり、
いま、ただこの瞬間の投げ出される体験。
自分を信頼して、それを受け取る勇気。

自分がいま、存在して行為することの驚き。

それこそが、生をリアルに生きていることですし、
ほんとうの意味での解放、といえるでしょう。