うちは夫婦ともどもお金の計算が得意ではない。

なので、株とか資産運用とかウトイ。

そもそも運用する資金もない。

 

そんな二人だが、ある日突然、株主なるものになった。

 

第一生命保険が2010年、相互会社から株式会社に変更。

株式会社化に伴い、保険契約者は新会社の株式や現金を受け取り、

無意識(?)に株主になってしまったという訳です。

(保険の契約内容によって違いますが)

 

そして当然ながら運用する事も無く(分からないから)放置。

手をつけてないから株価が変動したりしてるんだろうけど、、、

ずっと存在自体忘れていた訳ですが

 

 

なんか最近やたらアチコチで

ニーサ ニーサ って騒がしい

ニーサにしないと 損するよー 損するよー って。

証券会社からも手続きの用紙が送られて来た。

見ても意味分からん。。。。

 

NISAの手続き自体は別に特別な事はしないのですが

うちは最近引越をしてるので、その辺でややこしかった。

しかも証券会社の担当支店も移転&統合されたりで。。。

 

知り合いが株をやってるから、その人の紹介で証券会社の人に

「NISA」の手続きのレクチャーを受けた。

必要書類の住民票はすでに取り寄せてあったがそれだけでは不十分だった。

 

 

説明によると.....

「平成25年1月1日時点の住所を証明する住民票の写しが必要」

とあるのですが

 

うちは

平成25年7月にA区からB区へ引っ越している。

B区でとった住民票には平成25年7月に移転した事しか書かれていない。

 

では、平成25年1月1日時点の住所を証明するにはどうすれば?

そこで必要なのが、住民票の除票(じゃじゃーん)

 

いや、そんな大げさにする事も無いか^^;

でも初めて聞く書類だったので、キョトーン。

 

<住民票の除票とは>

他の区市町村への転居、または死亡により、住民登録が抹消されます。

その住民登録が抹消された(消除された、除かれた)住民票を「住民票の除票」といいます。 住民票の除票は、元住所地・死亡時の住所地で作成されるものです。

除票の交付請求に必要な書類
本人確認書類(身分証明書)、 印鑑、申請書、手数料(数百円)

 

私の場合、平成25年7月まで住んでいたにA区の役所で取り寄せなければならない。

行くのめんどくさいなー。寒いなー。

郵送でできるっぽいけど、バイト行くついでに週明けに行ってみようかな。

 

それが手に入れば、住民票を一緒に添えてNISAの書類が揃う。

 このくらいで面倒くさがってるようじゃ資産運用とかとても無理ですね^^;