受け取ることを知っている……

素人とプロっていったい何が違うんだろう?

 素人とプロ

素人の考えで木を切ろうとすると、自分の都合ばかり考えて切ってしまう。この枝は邪魔だなとか、見栄えが悪そうだから切っちゃおうかなとか。でもそうすると、知らない間に樹が弱ってしまうことがある。

 だから植木屋さんに任せる。植木屋さんは木の事をよく知っている。ここも切ってほしいっていうと、場合によってはしばらく考える。場合によっては、そこは切らない方がいいと言ってくれる。そうやって木の都合も教えてくれる。

素人は自分の都合ばかり考えてしまいがち。だけど、プロはその物の都合も考える。

 建物を建てるのだってすごい。素人にはわからないけど、組み立て方にも順序がある。重力との兼ね合いもあるだろうし、材料の特徴だってあると思う。その物の都合をしっかりと考えてくれる。

 布を縫うのだって、素人だと縫うだけで精一杯。だけど職人さんは、目をよんでいる。物をしっかりみて、その物の都合を考える。

 農家さんだって、漁師さんだって、どんな仕事だって。プロと呼ばれる人たちは、その物のこと、その物の都合も考える。そして、素人の私達にも理由を教えてくれる。いわば、その物の代弁者。

自分の都合を押し付ける。そうして物を得ようと考える。それは素人のやる事。プロはその物から教えてもらうこと知っている。受け取ることを知っている。おそらく、そこが違うのだろう……。